【東京月桃三味線 独演会】2018年3月25日(日)

@京都 / Kyoto

表に八坂神社、裏には高台寺を控え、東山文化の簡素枯淡の趣を継承する市中の山居、祗園畑中のお座敷にて三味線一丁生音での独演会を開催致します。 席数が限られておりますので、お早目のご予約を宜しくお願い致します。

会場 ぎおん畑中
開場 19:30
開演 20:00
木戸銭 3300円
席数 32名

ぎおん畑中 Gion HATANAKA
京都府京都市東山区祇園八坂神社南門前
Tel: +81-75-541-5315
FAX: +81-75-551-0553
www.thehatanaka.co.jp

ご予約
mail@tokyo-ghetto-shamisen.com

または、各種SNSのダイレクトメールに、
件名【3/25 予約】
1:お名前
2:人数
3:ご連絡先
を明記の上ご連絡下さいませ。
ご予約が定数に達した時点で締め切らせて頂きます。

東京月桃三味線 坂田 淳 
三味線奏者、音楽家。
2008年、日本の風土に根差した土着的な音楽を志し、東京を拠点に活動を開始する。
2012年、活動拠点を京都に移し、自然に寄り沿い四季折々の機微を感じながら、
自給農を通じて土と向き合う生活を創作活動の基盤とする。
2013年、津軽三味線の第一人者である初代高橋竹山の高弟、高橋栄山に師事し
一年間の稽古を経て、竹山流津軽三味線を修得。
先人達の魂の結晶ともいえる様々な伝統文化や信仰を介して、土着の精神文化や
洗練された美意識を学び糧としている。
国内外の様々な舞台、神社仏閣、路上、自然の中などで幅広く演奏活動を展開し、
様々な音楽家との共演も重ね、現代に息づく独自の三味線音楽を創造している。

Sakata Atsushi aka Tokyo Ghetto Shamisen (Shamisen Musician)
Sakata Atsushi aka Tokyo Ghetto Shamisen is a contemporary Japanese musician whose free-spirited style offsets the traditional Japanese shamisen he plays. A student of the renowned musician, Takahashi Chikuzan, he transforms typical shamisen melodies into contemporary music whose distinctly rhythmic quality resonates deeply with listeners. Sakata integrates experiences from his daily life into his work, and often takes inspiration from, and performs in, natural settings. He frequently collaborates with creative figures from other fields, creating cross-disciplinary work that appears on nontraditional stages.

坂田 淳 a.k.a. Tokyo Ghetto Shamisen / 東京月桃三味線
手持日本傳統樂器-三味線,與俐落不羈的外型形成強烈對比。 師承高橋竹山流的坂田淳,在演奏中加入自身獨特的哲學思維,
將原本簡單節奏的三味線樂曲,詮釋成為具有韻律、令人想隨之舞動的現代樂風。崇尚以原始自然的方式生活,秉持自給自足的
自耕農型態,將日常生活的體驗,轉化成自己的音樂語言,主張不論在旅途上或大自然中,隨時隨地皆可是演奏的舞台,透過與
不同音樂媒材的交流,跨越流派的隔閡。

OPEN 19:30
START 20:00
Music Charge ¥3.300
Gion Hatanaka in Gion Kyoto 505 Gion Minamigawa Higashiyama-ku, Kyoto City 605-0074
Toll Free:0120-041814 TEL:075-541-5315
http://www.thehatanaka.co.jp/english/index.html

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks